唇の色が薄い原因と対策方法

唇の色が薄い原因と対策方法

「ルージュが取れると、どこか具合が悪いの?と言われてしまう。」「色味のない唇に、コンプレックスがある・・・どうにかしたい!」「唇の色が薄いから、病人にしか見られない」

 

このように、唇の色の薄さに悩んでいる人はたくさんいます。どうして唇の色が薄くなってしまうのでしょうか?また、薄い色の唇を自然な赤色にするにはどうしたら良いのでしょうか。
一緒に確認していきましょう!

 

■唇の色が薄い原因は、アトピーが関係しているのかもしれない

 

幼い頃にアトピーを発症して、とても痒いくてつらい思いをなさった人の中には、唇の色が薄いと感じる人も多いようですね。アトピーが顔全体に発症してしまった場合、唇に出来た発疹を掻きむしってしまうことが、少なからず関係しているようです。痒い→掻きむしる→皮膚がはがれる→再生する→またはがすという流れが出来上がると、唇の色素が無くなって色が薄くなってしまうのです。
けれども、アトピー症の人が全て、唇の色が薄いというわけではありません。唇まで広がってしまう重度のアトピー症の場合に、掻きむしりによって色素が薄くなる可能性があるということです。

 

その他にも血流が悪くなることから、唇の色が薄くなる場合も考えられます。では、唇の色が薄い場合はどのような対処をすればよいのでしょうか?

 

■唇の色が薄い時の対策法は?

 

アトピーで唇の色が薄い場合、どのようにして健康的な唇の色である「自然な赤色」に近づければ良いのでしょうか?早速、対策法を2つご紹介しますね。

 

1つ目は、食事によって血行を良くする方法です。アトピー症の人は、食事にもきちんと気を遣う必要があるので、出来ればファーストフードや油っこい食事は避けて下さい。血液の流れが良くなるように、海藻、野菜、大豆製品などの身体に良いと言われる食材を、積極的に摂るようにしましょう。

 

2つ目の対策法は、唇の血行を良くするために、直接触れてマッサージをしていく方法です。方法はとても簡単で、キレイに洗った手で唇をポンポンポンとマッサージしていくだけでよいのです。直接唇に触れてマッサージをしてあげることで、程よい刺激が血行を良くしてくれます。アトピー症の方で唇の痒さに耐えきれないという時は、掻きむしらずにマッサージをして気を紛らわすのも1つの方法です。ぜひ、お試しください。

 

いかがでしたか?唇の色が薄い人は、同時にアトピーを引き起こしている人も多いようです。症状がひどい場合は、早めに皮膚科を受診して、症状改善に努めましょう。自然な赤さの唇になるといいですね。