唇の色素沈着原因と対策方法

唇の色素沈着原因と対策方法

「原因はわからないけれど、最近唇がくすんでいる」「唇が黒ずんでいるから、メイクが決まらない」
このように、女性だけではなく男性も抱える悩みとして、唇の色素沈着に悩む人が増えています。唇の色素沈着が激しいと不健康な印象になってしまうので、何とかして自然な赤色を取り戻したいものですよね。
いったい唇の色素沈着の原因は、何なのでしょうか?対策法と合わせて、見ていきましょう。

 

■唇の色素沈着の原因は?

唇の色素沈着には、さまざまな原因があります。日々の生活の中で知らぬうちに、唇の色素沈着を招いていることがあるので、その原因をきちんと理解しておくことが大切です。
考えられる原因としては、5つ!

 

1. 唇が日焼けしている。

紫外線によって顔が焼けるように、唇や目などのパーツ部分も日焼けをしてしまいます。唇は粘膜で出来ているとてもデリケートな部分なので、日焼けによって色素沈着を起こしてしまうのです。

 

2. メイク落としが不十分

唇にたっぷり塗ったルージュやグロスなどが、きちんと落とされていない状態が積み重なり、唇が荒れてしまうことがあります。荒れが色素沈着を起こしてしまう可能性は、十分に考えられます。

 

3. 鼻の詰まりで口呼吸が多くなっている。

鼻が詰まっていると、自然と口呼吸が多くなってしまいます。そうすると、唇はガサガサに荒れて色素沈着がおきます。口呼吸ではなく、鼻呼吸を意識することで症状は改善されます。

 

4. タバコ

タバコを吸うと、タールが自然と唇と歯についてしまいます。毎日繰り替えされる喫煙で、タバコのタールが付着して色素沈着を招いてしまうのです。

 

5. リップクリームの使いすぎ

乾燥してはリップクリームを塗るという流れが出来てしまうと、乾燥が加速化してしまう時があります。
自分で肌の再生化をする力が無くなって、色素沈着が起きやすくなってしまうのです。覚えておきましょう。

 

唇の色素沈着には、上記の5つの原因が考えられます。唇のためにしていることが、逆に唇の荒れや色素沈着を引き起こしてしまうことがわかりました。
では、唇の色素沈着を起こさないためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

■対策として、唇のケアに力入れましょう!

 

唇の色素陳沈着を防ぐには、唇のケアに力を入れることが一番大切です。紫外線の強い時や乾燥の激しい時には、マスクを着用して過ごすことが一番効果的です。
唇の色素沈着は一度起きてしまうとなかなか治りづらいので、日々のケアに力を入れていくようにしましょう。